イエスキリスト 『山上の垂訓』


 「あなたがた貧しい人たちは、さいわいだ。神の国はあなたがたのものである。
 あなたがたいま飢えている人たちは、さいわいだ。飽き足りるようになるからである。
 あなたがたいま泣いている人たちは、さいわいだ。笑うようになるからである。
 人々があなたがたを憎むとき、また人の子のためにあなたがたを排斥し、ののしり、汚名を着せるときは、あなたがたはさいわいだ。
 その日には喜びおどれ。見よ、天においてあなたがたの受ける報いは大きいのだから。彼らの祖先も、預言者たちに対して同じことをしたのである。
 しかしあなたがた富んでいる人たちは、わざわいだ。慰めを受けてしまっているからである。
 あなたがた今満腹している人たちは、わざわいだ。飢えるようになるからである。
 あなたがた今笑っている人たちは、わざわいだ。悲しみ泣くようになるからである。
 人が皆あなたがたをほめるときは、あなたがたはわざわいだ。彼らの祖先も、にせ預言者たちに対して同じことをしたのである。
 しかし、聞いているあなたがたに言う。敵を愛し、憎む者に親切にせよ。のろう者を祝福し、はずかしめる者のために祈れ。あなたの頬を打つ者にほかの頬をも向けてやり、あなたの上着を奪い取る者には下着を拒むな。あなたに求める者には与えてやり、あなたの持ち物を奪う者からは取り戻そうとするな。人々にもそのとおりにせよ。自分を愛してくれる者を愛したからとて、どれほどの手柄になろうか。罪人でさえ、自分を愛してくれる者を愛している。自分によくしてくれる者によくしたとて、どれほどの手柄になろうか。罪人でも、同じだけのものを返してもらおうとして、仲間に貸すのである。しかし、あなたがたは、敵を愛し、人によくしてやり、また何も当てにしないで貸してやれ。そうすれば受ける報いは大きく、あなたがたはいと高き者の子となるであろう。いと高き者は、恩を知らぬ者にも悪人にも、なさけ深いからである。あなたがたの父なる神が慈悲深いように、あなたがたも慈悲深い者となれ。人をさばくな。そうすれば、自分も罪に定められることがないであろう。ゆるしてやれ。そうすれば、自分もゆるされるであろう。与えよ。そうすれば、自分にも与えられるであろう。人々はおし入れ、ゆるり入れ、あふれ出るまでに量をよくして、あなたがたのふところに入れてくれるであろう。あなたがたの量るその量りで、自分にも量りかえされるであろうから。」

 キリストは本当に人間のことを見抜いてるね。地獄を見ていない人は現状に甘んじてる。どうしても。原始仏教でも金持ちが天の国に入るのはラクダが針の穴を通るのより難しいというのと同義の事を言っている。それが人間の実情なのだと思う。原発が事故を起して初めて脱原発しようとしているしね。相対的に見た金持ちの事ではない。今の時代、金持ちしかいない。金持ちの発言しか見当たらない。
 一度死にかけてみないと宗教などやろうと思わない。病気や霊障に長時苦しめられないと神仏に縋ろうなどとは思わない。戒律は健康法の延長上にあるが健康な人は馬鹿らしくてやってられない。社会的地位を得れば傲慢な生き方になる。一人では生きられないのに仲間が増えると強くなる。善かれ悪しかれ。それが人間なのである。
 虐められた人はこの世の理不尽さを知っている。人間の都合のよさを知っているから八聖道・三聚浄戒・十重禁戒に邁進する事が可能になるのだと思う。普通の人には出来ない。自我が肥大しているから反発喰らう。旨いものばっかり喰っているからご飯のおいしさでは飽き足りない。優しさや無常観は自分の弱さを自覚するところから生まれる。虐められて苦しんだ経験を糧に慈悲が宿されればそれに越したことはない。でもこれは理想論であって、通常はエス(自我の一貫性にとって邪魔になる記憶・無意識)が拒絶する。自我の安全を脅かすものを攻撃・排除しようとする。虐められた人は、性格の悪い社会人になるか聖人になるか、二手に分かれる傾向にあると思う。
 物理的な歪みを無くせば動作がスムーズになるという原理は工学の世界だけでなく人間にも当てはまるということは、世間一般的にはあまり省みられていないと思う。たとえば自分が怨んでいる人〔汝の敵〕のために祈ると、不思議なことに思考が・視界がスムーズになる。細胞や経絡の代謝によるものだろうか。妨害を加えてくる悪因縁が消えるからだろうか。神経細胞である頭脳は不快を嫌う。子供の頃の開けた状態に回帰するには、重力の法則に従って落ちてしまった今となっては困難を極めるだろうが、自然である神の力を授かり、多くの人が信じてやってることを実践すればいずれ彼等の示す天国に行ける。



 「盲人は盲人の手引きができようか。ふたりとも穴に落ち込まないだろうか。弟子はその師以上のものではないが、修行をつめば、みなその師のようになろう。なぜ、兄弟の目にあるちりを見ながら、自分の目にある梁を認めないのか。自分の目にある梁を見ないでいて、どうして兄弟にむかって、兄弟よ、あなたの目にあるちりを取らせてください、と言えようか。偽善者よ、まず自分の目から梁を取り除けるがよい、そうすれば、はっきり見えるようになって、兄弟の目にあるちりを取り除けることができるだろう。悪い実のなる良い木はないし、また良い実のなる悪い木もない。木はそれぞれ、その実でわかる。いばらからいちじくを取ることはないし、野ばらからぶどうを摘むこともない。善人は良い心の倉から良い物を取り出し、悪人は悪い倉から悪い物を取り出す。心からあふれ出ることを、口が語るものである。」

 浄土真宗には「勝解者」という言葉があるが、これの意味は「真実の法と不実の法が、はっきり領解できた人」。これは人生経験からくる判断力だろうな。その判断力がないと、今の時代、宗教には騙されなくても宗教でないものに騙される。もちろん騙す側に騙すつもりはないのかもしれないが。cf:普勧坐禅儀


 「わたしを主よ、主よ、と呼びながら、なぜわたしの言うことを行わないのか。わたしのもとにきて、わたしの言葉を聞いて行う者が、何に似ているか、あなたがたに教えよう。それは、地を深く掘り、岩の上に土台をすえて家を建てる人に似ている。洪水が出て激流がその家に押し寄せてきても、それを揺り動かすことはできない。よく建ててあるからである。しかし聞いても行わない人は、土台なしで、土の上に家を建てた人に似ている。激流がその家に押し寄せてきたら、たちまち倒れてしまい、その被害は大きいのである。」

 まだ生きるのに厳しく弱肉強食だった旧約聖書の時代では見出すことができなかった精神の摂理が、キリストに至って追求され、人々は受け入れるに至った。キリストを神だと言う誤謬があるけど、正しくは神の子。三位一体で人は神に成れる。(受け入れなかったものはユダヤ教で旧約聖書を聖典として救世主を待ちわびている。また、キリストでも世界は救えなかったとして神は新たに預言者を遣わせた。それがマホメットで、それを信仰するものはイスラム教になる。)
 新約聖書のキリストの問答を見るとほんとうに神の事がわかっていると思う。中日の落合元監督みたいな禅問答をしてる。また、マグダラのマリアを救ったように、旧約時代からの教会の神観に疑問をもっていた。「だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。あなたがたの中に、魚を欲しがる子供に、魚の代わりに蛇を与える父親がいるだろうか。また、卵を欲しがるのに、さそりを与える父親がいるだろうか。このように、あなたがたは悪い者でありながらも、自分の子供には良い物を与えることを知っている。まして天の父は求める者に聖霊を与えてくださる。」(ルカの福音書第11節)。偉い人はやはり神の性格も偉くなる。キリストの場合は慈悲が深いからより神が慈悲深いものとなる。多くの人はホロコーストを求めるのに、石打ちの刑に処される人を見ていたたまれなかったキリストは優しいと思う。


 キリスト教も時代と共に変遷をしていろいろな宗派が出てくるが、一般的な人には「宗教信者はセックスヘイターの比率が平均より高そうなイメージ」があるようだ。事実そうだしたら、それは先進国ゆゑにである。文化人類学によると、まだ原始的な色の濃い文明では性はもっとおおらかである。たとえばある土着民族には、年頃の男の子は老婆に、女の子は老翁に、股間を夜の間、手で包んでいてもらう風習がある。その民族には性倒錯者は一人もいない。原始的な民族ほど性倒錯者は少ない傾向にあるそうだ。先進国には性倒錯者が大量にいる。宗教の風習にはなんらかの意味があるのだな。
 先進国になると性を隠さないといけなくなる(統一協会が曰く善悪を知る木の実を食べて葉で股間を隠すようになった)。それが宗教のストイックな側面と変な具合に融合をする。セックスヘイターにとっては都合の良い具合に融合を成す。宗教にはストイックな戒律とか修行があるが、それは遺伝子Lvの保持や霊性の向上のために不可欠なものである。たとえば鳥は飛ばなければ喰われる環境にいたから空を希求し何万年もかけて飛べるようになった。仏教における悟りとは健康の延長線上にあるが(禊ぎとかサウナとか坐禅とか筋トレで超回復したその遙か先にあるが)先進国の文明に歪められた性向の延長線上にあるのは魔境しかない。おかしい形に変形するだけである。
 また、信仰者にとっては宗教の教えも〔たとえば「神を愛し、隣人を愛しなさい」も〕単なる道徳律ではなく心の修養法である。その教えを実践する事で人間本来の自然を取り戻そうとしている。生体レベルで。